ふるさと納税で払い過ぎて損をしないためにー最後はいつも購入しているものを

この記事は約2分で読めます。




ふるさと納税のシミュレーション

僕は楽天でふるさと納税しています。でも、もし払いすぎちゃったら嫌だなと思いますよね。楽天ふるさと納税のシミュレーションで金額は計算しています。そのシミュレーションにも誤差があるはずです。僕なんかはざっくりとしか計算していないですからね。

控除される額を越えた分は単なる寄付

控除される額を超えて寄付してしまったらどうなるのでしょう。それは、単なる寄付です。その額は返ってきません。地方に寄付をした善良な人になります。

 

普段から買っているものを貰う

そこで僕は考えました。いつもは、「せっかくだから高級なお肉をいただこう」と思っています。でも、最後の一万円の返礼品は肉じゃなくて、普段から買っているものにしましょう。普段から買っているものを貰えば、多少寄付をしすぎても、損はしません。

今回は金麦を頂くことにしました

そこで今回は、普段から飲んでいる金麦を貰うことにしました。その寄付の詳細がこちら↓

一万円寄付して、金麦350ml48本をもらいました。ざっと5000円分くらいです。これで、もし払いすぎていたとしても損はありません。例えば、3000円払いすぎていたとしても、5000-3000=2000円は得しています。

まとめ

ふるさと納税をして、あとで控除される金額はシミュレーションでしかありません。実際にその年が終わらないと分かりません。ですので、最後の一万円はいつも買っているものを頂きましょう。これで、ふるさと納税で支払いすぎちゃった!ってことはなくなるはず!

 

 

B387 【ふるさと納税】金麦(第三のビール)350ml×2ケース(48本)
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/11/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

 

【ふるさと納税】平成30年度産 新米 みくまの彩選米 13キロ(5kg×2袋 / 3kg×1袋)
価格:12000円(税込、送料無料) (2018/11/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

*医薬品の使用に当たっては、担当の医師、薬剤師等の指示に従って下さい。

節約
シェアする
yakuzaishiyhをフォローする
kaiseblog